教授 貝原 俊也 (Ph.D.)

  1. 略歴
    1985年 京都大学 大学院工学研究科 精密工学専攻 修士課程 修了
    1985年 三菱電機(株) 生産技術研究所
    1993年 University of London, Imperial College, Ph.D 修了
    1996年 流通科学大学 情報学部 経営情報学科 助教授
    2001年 神戸大学 工学部 情報知能工学科 助教授
    2001年 神戸大学 大学院自然科学研究科 システム機能科学専攻 助教授
    2004年 神戸大学 工学部 情報知能工学科 教授
         (大学院自然科学研究科 兼担)
    2007年 神戸大学 大学院工学研究科 情報知能学専攻 教授 (改組による)
    2010年 神戸大学 大学院システム情報学研究科 システム科学専攻 教授 (改組による)
    2013年 神戸大学 大学院システム情報学研究科 副研究科長
    2016年 神戸大学 大学院システム情報学研究科 評議員・副研究科長

  2. 研究分野
    社会指向型マルチエージェントシステムの理論と実践
    生産・流通・社会システムの効率的計画・運用法
    オブジェクト/エージェント指向システムモデリング/シミュレーション技術
    経営情報学,サービス工学

  3. 主要な著書や論文
    1. 貝原俊也 編著:「オペレーションズ・リサーチ -システムマネジメントの科学-」,オーム社,2004.
    2. T. Kaiahra and S. Fujii, Game Theoretic Enterprise Management in Industrial Collaborative Networks with Multi-Agent Systems, International Journal of Production Research, Vol.46, Issue 5 , pp.1297-1313, 2008.
    3. T. Kaihara, N. Fujii, A. Tsujibe and Y. Nonaka, Proactive Maintenance Scheduling in a Re-entrant Flow Shop Using Lagrangian Decomposition Coordination Method, CIRP Annals - Manufacturing Technology, Vol.59, PP.453-456, 2010.
    4. 貝原俊也,谷水義隆,西竜志:「企業間の戦略的提携 -マルチエージェント交渉による次世代SCM-」, 朝倉書店,2011.
    5. T. Kaihara, Y. Yao and N. Fujii, Interdivisional Production Scheduling with Social Negotiation Mechanism, CIRP Annals - Manufacturing Technology, Vol.60, pp.461-464, 2011.
    6. T. Kaihara, S. Kurose and N. Fujii, A Proposal on Optimized Scheduling Methodology and its Application to an Actual Scale Semiconductor Manufacturing Problem, CIRP Annals - Manufacturing Technology, Vol.61, PP.467-470, 2012.
    7. 田ノ畑裕幸,貝原俊也,藤井信忠:「搬送を考慮した分散協調型生産スケジューリング手法に関する研究」,計測自動制御学会論文集,49巻8号,pp.802-807, 2013.
    8. Giacomo Liotta, Giuseppe Stecca, Toshiya Kaihara, Optimisation of freight flows and sourcing in sustainable production and transportation networks, International Journal of Production Economics (IJPE), Vol. 164, pp. 351-365, 2015.
    9. Fang Yu, Toshiya Kaihara, Nobutada Fujii, Changyin, Sun; Wankou Yang, A multi-attribute multi-item negotiation mechanism of supply chain networks between buyers and sellers, International Journal of Production Research, 2015.
    10. Giacomo Liotta, Toshiya Kaihara, Giuseppe Stecca, Optimization and Simulation of Collaborative Networks for Sustainable Production and Transportation, IEEE Transactions on Industrial Informatics, Vol.12, No.1, pp.417-424, 2016.

      その他,多数 (約200編)

  4. 連絡先
    居室:システム情報学研究科棟 5階S502室
    E-mail: kaihara< atmark >kobe-u.ac.jp
    電話: (078) 803-6086

戻る